尿量が減り手足にむくみをともなうネフローゼ症候群

2009年8月19日 05:10 | コメント(0) | トラックバック(0)

ジャンルランキング1位レギンス足を細く長く見せちゃう♪ありそでなかったフレアタイプ!むくみ...

 

全身にむくみを感じるほどに悪化し、腹水や腹水を認め、高脂血漿を認める場合は"ネフローゼ症候群"が疑われますので、専門医に相談しましょう。

この病気は糸球体基底膜でアルブミン等、高分子タンパクの透過性亢進によって高濃度の蛋白尿を排出することにより低タンパク血症となるため、浸透圧の低下や、循環血漿量の増加によりむくみや血液中の脂質の上昇を引き起こします。

この病気の怖いところは様々な腎疾患が含まれることで、原発性糸球体疾患による原発性ネフローゼ症候群と、糖尿病性腎症、膠原病、アミロイドーシスなどの全身的なネフローゼ症候群があり、小児ではほとんどが一時的な疾患で終始しますが、50歳以上では慢性化することが多く再発率も高いことです。

対処療法としてむくみに対しては、水分と塩分およびタンパク質摂取量の食事制限が必要で、薬物療法としてステロイド剤の投与が多いのですが、難治性の場合はアルブミン、降圧薬(ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬等)、抗高脂血漿薬の投与をおこない、効果が薄い場合は血液ろ過をおこなうこともあります。糸球体硬化症や慢性腎症を併発した場合、抵抗性が認められることが多く、ネフローゼ状態が続けば腎機能障害が慢性化することもあり注意が必要な病気です。

 パチンコ・スロット  生命保険
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

むくみは病気からのサイン
女性のみならず男性でもむくみに悩む人は多いようで、一過性の症状で収まる場合はあまり気にしなくてもよさそうですが、部分的であっても慢性的症状には重大な病気からのサインである場合もあるので注意が必要です。
下肢のむくみや手掌紅斑、腹痛をともなう病気
物言わぬ臓器と呼ばれる肝臓病は進行がある程度進まないと自覚症状が現れないのが特徴で、上記の症状が見られた場合は、全身倦怠感をはじめ腹部膨満感、悪寒、腹痛など全身性の症状を伴っている場合がほとんどです。
顔や下肢を中心にむくみをともなう病気
上記むくみに加え下痢や嘔吐、腹部膨満感、腹痛、脂肪便(泥状便ですっぱい匂い)等の消化器系の症状をともなう場合"タンパク漏出性胃腸炎"が考えられます。
顔や手足を中心にむくみをともなう女性の病気
上記むくみの他、眠い、倦怠感、記憶力の低下、乾燥肌、脱毛、声がしわがれる、便秘、無月経といった多様な症状をともなった場合"甲状腺機能低下症"が疑われます。
気になる手足のむくみをともなう病気
全身の倦怠感、動悸、腱反射消失、しびれをともなった場合は"ビタミンB1欠乏症"が考えられ、女性で夕方にむくみの悪化を見る場合は"リンパ浮腫"といった病気の可能性があります。
気になる上半身にむくみをともなう病気
具体的な箇所ではまぶたや上腕部皮静脈の拡張をはじめとする、上半身に症状が現れる場合"上大静脈症候群"と呼ばれる一連の病気が疑われます。
呼吸困難や夕方に足のむくみがひどくなる病気
上記症状のほかに夜間の多尿や全身性の倦怠感をともなったときは"慢性心不全"が考えられますので、すみやかに専門医の検査をうけることをお勧めします。
手足や顔のむくみに加えて血尿をともなう病気
小児に多く見られる病気に"急性糸球体腎炎"があり、尿量の減少をきっかけに、むくみや血圧の上昇とともに血尿が認められることがあります。
赤ら顔でむくんでいるのに手足が細くなる病気
顔がむくむのに手足が細る特徴的な症状のほかに、腹部が太り、皮膚に赤紫色の亀裂、にきびや月経異常、性欲の減退などの症状がみられた場合"クッシング症候群"が疑われます。
尿量が減り手足にむくみをともなうネフローゼ症候群
全身にむくみを感じるほどに悪化し、腹水や腹水を認め、高脂血漿を認める場合は"ネフローゼ症候群"が疑われますので、専門医に相談しましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2407

コメントする

このサイトを購読する